大切な眼です。メガネのことなら任せてください、SSS級認定眼鏡士の店    「聞こえる」より"聴こえる"  認定補聴器技能者の店
Top画面へ


  物が二つに見えたりしていませんか。

  複視とは、二つに見える又は時々、二つに見えることがあるということです。

  二つに見えるというのは、
  片方だけの眼で見た時に、物が二つに見える場合と、
  片眼だけでは二つに見えないが、両眼で見た時に、二つに見えるというものがあります。
  片眼だけの場合は、角膜の形や水晶体の濁りの問題もありますが、乱視の未矯正の場合も考えられます。
  両眼で見た時、二つに見える場合、
  外斜視、外斜位、内斜視、内斜位、上下斜視、上下斜位や、神経麻痺、眼瞼下垂、眼の動きが悪い、
  瞳孔障害、血管障害、糖尿病、頭部外傷、開散麻痺、輻輳過剰などが考えられます。

  人は複視、二つに見えることを無意識に嫌がりますので、
  二つに見えないという方も、「抑制」という働きで、二つに見えないようにしている可能性もあります。
  でも、時々でも二つに見えたりするのは、不快なものです。
  二つに見えないように片方の眼を隠して見たりしている方もおられるかもしれません。

  片眼での「複視」も乱視矯正等で、両眼での「複視」も眼鏡で解決できる場合があります。
  二つになる見え方も、見る方向によってずれの量が違う場合などもあります。
  様々な検査をさせて頂いてから、装用テストなどから何がベストなのかを判断させて頂きます。

  二つに見えている、時々二つに見えてお困りの方、お気軽に当店にご相談ください。